正式でない暮らし〜古着編

正式でない日記、にお越し下さりありがとうございます。

 

正式でないのは、果たして自分だけなのか?と、疑問になることが、実はけっこうあるのです。

 

例えば、買い物。

 

自分は服、とか、あんまり買わない、というか、肌着とか、靴とか、靴下以外は、基本的に古着とか、新古品とか、どこかに欠陥があって安く出ている新古品、とか、そんなのばっかりです。

 

いま着ているTシャツなぞは、新古品で三百円なのですが、同じものを多分、四十枚は買ったと思います。

 

それを何枚か、回して、洗濯して、使っています。年に一枚くらいはダメになります。

 

ダメになるまで使って、Tシャツを成仏させる、というか、そんな状態です。

 

夏場ですと、そのTシャツを回しているだけですから、殆ど、ユニフォーム感覚です。

 

ユニフォームもない訳ではなくて、五百円とか、それくらいで買ったサッカーのクラブチームのもの、とか、代表のものがあって、夏場は使います。

 

ただ、最近、サッカーのクラブチームの、人様のユニフォーム姿をみると、何となく、違う?んではないか?と思うことが、実はあって、あんまり着ない様になりました。

 

何か、人様のユニフォーム姿が、合っていない?という感じを受けることが多いのです。

 

何というか、例えば、大きなデジカメとレンズ姿で歩いている人が、なんとなく、違うんではないか?と感じるのに近い気もするのです。

 

人様は自分の鏡、というか、考え込んで?しまうことがあるのです。

 

スーツ姿で大きなデジカメとレンズを持っている人が、何か違う?と感じる様に、自分のユニフォーム姿も違うのかもしれない?と思ってしまうのです。

 

それと、サッカーのユニフォーム、と、人様のカメラ姿、とを結びつけて考えるのは、おかしいのかもしれないのですが、その様に思うことがあるのです。

 

カメラ姿の話になってしまいましたが、そういう意味では、カメラも、持ち方とか、持つ人は、ファッションというか、コーディネートも考えないといけない時代なのかもしれません。

 

Tシャツの話に戻ると、もう、二十年近く、そのT新古品のシャツを着まわしているので、自分には当たり前になってしまったのですが、新古品や、中古品ばかり着ている生活をしないとならない、というのは、どうなんでしょうか?

 

ただ、新古品で三百円なのに、品物自体は、良いもので、最近の日本の新品のシャツよりも、しっかり作られていて、新品よりも実用になるのです。

 

ちなみに、そのTシャツは、新品で買うと、三千円以上するのだそうです。日本製ではなく、米国製です。縫い方なぞ、よく見てみると、ちょっとハイテクなんです。あって然るべき縫い目がなかったりします。

 

こうなってみると、正式な買い物ではないのに、正式に新品で買ってしまうより、経済的にも良かったりします。

 

そのTシャツを買っていたお店はなくなってしまいました。

 

その後、新しく、古着屋さんが出来たのですが、新品と較べて、物凄い高いお値段なのです。品がいい、という訳ではなく、状態も?というものなのに、古いと高い、とか、そうなっているのです。

 

しかも、単なる高い古着なのに、ヴィンテージ、という言葉が、お店のなかでは散見されます。

 

こうなってみると、古ければヴィンテージ?と、何か、基準だけ勝手に作られている感じがするのです。

 

もちろん、そういうお店では買わないのです。新品でも、品物が良くて、長く使えそうであれば、新品を買うのです。

 

そうなると、もう、正式でない物まで、ヴィンテージとされて、正式でない暮らしをすることが、却って難しくなっている様に思えます。

 

地方都市のフリーマーケットに、たまたま行った事がありますが、古い、というだけで高いのです。都内のフリーマーケットでは、そういう出店は、業者さんの一部です。売れないですし。

 

そうなると、古着ならヴィンテージで高い、というお店は、地方都市のフリーマーケットの感覚を、都内に持ち込んだお店なのかもしれません。

 

古着で慎ましい生活をしていたつもりなのに、慎ましい=正式でない暮らし、が、脅かされている気がするのです。

 

慎ましい生活も根こそぎにしよう、という残酷な市場、騙されない様にしたいと思うのです。

 

きょうの写真があるとしたら、こんな風でしょうか?

 

f:id:jikosoushitunotaiken:20190807175728j:image

 

シーズン中は高いですが、季節外れの真っ当なお値段はこんなものです。

 

本日もお越し下さりありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

正式ではない日々〜カメラ編

 

正式でない日記、にお越し下さりありがとうございます。

 

毎度、正式ではない暮らしのなかで、普段思うことがあります。きょう、きのう、のお話ではなく、ずっとあります。

 

カメラ、なんですね。ちゃんと写ればカメラ、という事で、今どきは、端末をカメラにしている生活で、そこからして正式ではない訳ですが。

 

でも、ちゃんと写ります。自分が思ったイメージで撮れる訳ではないので、やはり、今のところ、端末は端末だと割り切って、あまりカメラも持たず、堕落?している日々であります。

 

しかし、以前、端末ではなく、カメラ、というか、カメラの王様というか、使っていた時代があります。値打ちがあった事も影響してか、騙し取られてしまって、手元にはないのですが。

 

そのカメラの王様は、一応、写るは写ります。特に規格では、問題はありませんでした。

 

とはいえ、レンズの前にフタをしないと、レンズから光が入って、それで、フィルムが少し感光してしまう、とか、あります。

 

うっかり、太陽に向けると、布製のシャッター幕が、虫メガネと黒い紙、の法則にしたがって、焼けてしまう場合もあります。

 

知っているから、気をつけて使わないといけないのですが、知らない人は、やってしまいます。

 

そのカメラは、正式中の正式で、カメラの王様なんですが、そんな具合なのです。

 

正式中の正式かもしれないのですが、今どきなら、欠陥商品です。

 

けれども、未だに人気は高く、値段もそうなのですが、正式なのに、今どきなら、欠陥カメラなのです。

 

そのカメラは趣味の世界といえば、そうなのかもしれません。

 

そのカメラのアクセサリーを特集している本があるのですが、面白いことが書いてあります。今どきなら、欠陥アクセサリーなのですが。

 

すこし引用してみます。

 

「…このフードは、レンズの回転を考慮しなかったので、明らかに失敗作であると思う…他に手本となるものがない状態で製品を作り上げるのは、大変なことなのである…」

 

という訳で、欠陥があっても、「他に手本となるものがない状態で製品を作り上げるのは、大変なことなのである」と、弁護されているのです。

 

やっぱり、偉いだけあって、黒は黒でも白くなる、といいますか、偉い、というのは、欠陥があっても偉いのだ、という、なにか、いまどきの世の中のことが、書かれている様にも思われるのであります。

 

しかも、高い。使うのは、気をつかう、という訳で、製品の完成度というのは、もはやどうでもよくなっているのであります。

 

あばたもえくぼ、という言葉がありますが、みんなで惚れれば怖くないのであります。

 

正式中の正式なのに、製品として欠陥があっても、正式というのは、ある種の感慨を感じてしまうのであります。

 

誰が正式と言ったのか、そして、正式中の正式になったのですが、他に手本がなかったので、形にしただけ偉い、と、当時の先駆性が、現在の欠陥より、偉くなってしまうのであります。

 

人間というものは、なかなか難しい、というか、一旦、評価が決まると、時間が止まってしまい、その後も評価はそのままで、ある種の伝説になってしまうのでしょう。

 

残念ながら、そのカメラで撮った写真は、フィルムしか残っておらず、正式ではない写真を一つおとどけしたいと思います。

 

f:id:jikosoushitunotaiken:20190630203103j:image

 

正式なお店なのですが、機能していないのかも知れず、伝説になれなかった例だと思われます。

 

本日もありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

 

正式でない生活〜ハウツー本編

正式でない日記、にお越し下さりありがとうございます。

 

正式を正式にやる、というのは、自分の場合は難題です。

 

正式なことを正式でなくやってみる、というのは、ある意味、「取り組み」というのかもしれません。

 

そういう意味では、取り組みの多い日常をすごしているのかもしれないのですが、正式な人が、正式ではいけない、とか、言い出すこともある訳でありまして、本日は、正式な方の、その様な発言を読んでしまったのですね。

 

その本では、「始めから順番に読み進めて、実践してください」とあります。

 

でも、その順番に沿ってやってみると、どうも自分は、うまく行かないのです。

 

それで、もういいや、と思って、その先を読んでしまって、それでも、違うなあ、と思いながら、やっていくと、正式な人が書いているんです。

 

「納得しないで下さい。鵜呑みにしないで下さい」

 

と、あるんです。

 

これ、単純に考えると、いわゆる、ダブルバインド、というヤツですね。矛盾する命題を、同時に突きつけてくる、というヤツです。

 

ホントに、正式な人は、考えて書いてるのかなー?と思ってしまうのであります。

 

しかし、ひょっとすると、その正式な人は、達人で、ワザとダブルバインドをしかけているのかもしれない?とか思ってしまうのです。正式な人の為せる技でしょうか?

 

そうすると、ああ、もう、勝手にやれ、ってことだね、とか、居直ってしまうのですが、ハウツー本で、それでいいのか?とか思ったりします。

 

面倒なので、そういうことなら、と、仕方なく、自分で、勝手に、その本より、自分に向いているかもしれないやり方を、作ってしまうのです。

 

なんだ、正式な人に言われた通りやるより、勝手にやった方が、うまくいくではないか、と、自分に呆れてしまうのであります。

 

そうすると、その正式な人はどうなるんでしょうか?

 

それとも、そこで勝手に、自分のやり方を作ってしまったので、自分が正式な人になってしまうのでしょうか?

 

その様なはなしで、正式でない自分が、勝手にやり方をつくってしまうと、自分は正式、なのでしょうか?あるいは、正式な人から、異端とされ、正式でないことをやった事が、正式な人の利権を侵害した、という話になるのでしょうか?

 

やっぱり、自分は正式には向いていないなー、と、きょうも正式ではない日を送るのでした。

 

仕方がないので、これから、本日百円の餃子を四枚か八枚か、食べにいこうと思います。

 

きょうは一枚も写真を撮っていないのですが、なんとなく、正式と正式でないものの関係があらわれている写真は、これかもしれません。

 

f:id:jikosoushitunotaiken:20190629203801j:image

 

きょうもお越し下さりありがとうございます。

 

気が向いたら、またよろしくお願い致します。

正式でない日々〜将棋編

正式でない日記にお越し下さりありがとうございます。

 

正式である、というのも難しいですが、正式でないというのも難しいですね。

 

きょうは将棋のハンデ戦のスパーリングの日でした。飛車角落ち、で理解していただけるとありがたいのですが、自分の方が飛車角を落とすのです。

 

自分が飛車角を落とす、というのは、相手に、正しい指し方、正しい筋にみちびく、という意味があります。

 

正式な言い方をすれば、指導将棋です。別にプロでもなんでもありませんが、ハンデ戦にしにいと、勝負にならないのですね。

 

でも、ハンデをつけられること自体が屈辱?と思う人もいると思います。きょうの方は、長く飛車角落ちを指していて、五割近く勝ってくれていると思います。

 

指導?する側は、ある意味で、勝ってしまってはいけない、というか、こちらは、勝ってもらわないと、指導になっていない訳です。

 

幸い、きょうは、一手違いで、二局とも勝ってもらえました。この一手違いで勝ってもらう、というのが大切です。大差では意味がありません。

 

皮肉なことに、正式でない自分が、正式な指し方を途中までするのですが、途中から、相手が正式でない手を指してくるので、こちらも正式でない手を指すことになります。

 

苦しまぎれの手が連発になり、泥仕合になっていきます。

 

でも、正式な指し方は、ずいぶんおぼえて下さったのに、相手は、正式な手より、自分の感覚の手を指したくなってくるのです。

 

そうすると、泥仕合になる訳で、お互い、正式でないことが快感になってくるのです。

 

将棋にあっても、この様に、正式でない日々が続くのでした。

 

f:id:jikosoushitunotaiken:20190628204605j:image

 

これ、もっとおおきく写らないんでしょうか?

 

やり方がわからないので、これも正式ではないということで、ひょっとしたら、タッチすれば、大きくなるかもしれません。

 

でも、大きくしても、なんなんでしょうね?これは?

 

きょうもお越し下さりありがとうございます。

 

また気が向いたらおいで下さい。

正式ではないお話〜タバコ編

正式ではない日記においで下さりありがとうございます。

 

きょうは朝五時過ぎに目が覚めてしまいました。

 

いつもの様に、ジュリア・キャメロン式のモーニングページを書き、ご飯を炊いたのですが、そろそろ白米がありません。十六穀米もそろそろありません。貧乏自慢状態です。

 

ご飯が炊けるまで、本を読んで、ご飯を食べると本を読んで。

 

しかし、きょうは、眠気がおそって来て、眠ることにしました。羽生さんと天彦さんの順位戦もあるというのに。

 

眠りを選んだのは、他にも理由があって、禁煙という恐ろしい作業に取り組もうと思い、なかなか厳しいものがあるので、眠ってしまえ、と眠気にまかせて、そうしたのです。

 

しかし、禁煙がそう簡単にいく筈もなく、数時間で挫折して、さっき一本吸ったのです。

 

本当においしいタバコは、パイプタバコの方にありますが、パイプタバコは、時間と場所を設定しないと吸えないことと、道具の手入れもあって、今どき、喫煙所が厳しい世の中にあっては、難しいジャンルなのです。

 

パイプタバコの方が、ずっと安くて、質の高い葉っぱがあるのですが、世間の冷たい風に、パイプを使うのも、ストレスになるので、やめてしまいました。

 

困ったなあ、と思いつつ、紙巻きタバコは、高いし、そうなると、もう禁煙しかないのです。全く情け無いことですが、禁煙ファシズムの風に抵抗するのは難しいのです。

 

タバコについては、その様な事情もあり、存在すること自体がストレスな自分には、せめてタバコを、と思うのですが、タバコを吸う人間は罰してもいい、という空気に、更にストレスが増すのです。

 

タバコを吸うだけで、正式でない人間、というご時世と、その洗脳には耐えられず、できれば、タバコからも見放されて、入院なぞ出来たら、その方が楽かもしれません。

 

気が向いたら、タバコについても、タバコから見放される方法について、書いてみたいと思います。

 

喫煙者の愚痴を聞いて下さりありがとうございます。

 

また別の、正式ではないお話を書いていけたらと思います。

 

よろしくお願い致します。

 

ありがとうございます。

 

f:id:jikosoushitunotaiken:20190628001136j:image

正式でない日常を不定期に書きます

最初の日記というか、テストです。

 

風変わりな生活と、マイナー?な考えと感覚、その様なものを不定期で書かせていただきます。

 

日常の写真も載せるかも知れません。f:id:jikosoushitunotaiken:20190627003400j:image

 

きのうはこんな写真でしたが、ここに貼り付けてができているでしょうか?

 

とりあえずは、テストです。

 

よろしくお願い致します。